<

戦友の遺骨を抱いて

作詩 達原 実  作曲 松井孝造
昭和18年
1 一番乗りを やるんだと
  力んで死んだ 戦友の
  遺骨を抱いて 今入る
  シンガポールの 街の朝


2 男だなんで 泣くものか
  噛んでこらえた 感激も
  山から起こる 万歳に
  思わず頬が 濡れてくる


3 負けず嫌いの 戦友の
  形見の旗を 取り出して
  汗によごれた 寄書を
  山の頂上に 立ててやる


4 戦友(とも)よ見てくれ あの凪いだ
  マラッカ海の 十字星
  夜を日に継いだ 進撃に
  君と眺めた あの星を


5 シンガポールは 陥しても
  まだ進撃は これからだ
  遺骨を抱いて 俺は行く
  守ってくれよ 戦友よ 
 


index

アクセスカウンター
出会いライブチャット出会い高速メール配信メル友