山 は 夕 焼

作詩 岡田千秋  作曲 田村しげる
昭和8年
1 山は夕焼 麓は小焼
  ひとりとぼとぼ 裾野(すその)に暮れりゃ
  吹くな木枯 侘(わび)びしゅてならぬ
  心しみじみ 旅の鳥


2 西に東に 仮寝(かりね)の枕
  思い遙かな ふるさと偲(しの)びゃ
  遠い灯(あかり)が 恋しゆてならぬ
  心しみじみ 里ごころ


3 塒(ねぐら)定めぬ はかない旅路
  きょうもとぼとぼ 枯野を辿(たど)りゃ
  沈む夕陽が 哀(かな)しゅてならぬ
  心しみじみ 一つ星

index

 
アクセスカウンター