山岳の唄(北アルプス白馬岳)

作詩 小西民治  作曲 古賀政男
昭和10年
1 此処は白馬 雪渓一里
  ピッケル片手に サクサク登る
  登る行手の 狭霧の中で
  ヤッホヤッホの 声がする


2 此処は白馬 東の空に
  煙りたなびく 浅間と白根
  レンズのぞいて ピントを合せ
  日の出待つ間の 一休み


3 此処は白馬 南を見れば
  鹿島、針の木、槍穂高岳
  西は白山(はくさん)、立山、剣
  北は青螺(せいら)の 佐渡ヶ島


4 此処は白馬 風さえ薫る
  お花畑に ひる寝をすれば
  夢にコマグサ 思いが通う
  岳は七月 花盛り


5 此処は白馬 夕焦け小焦け
  明日の天気を 心にかけて
  夜半に起きれば 降る星空の
  下に富山の 灯が光る

index
アクセスカウンター