お 駒 恋 姿

作詩 藤田まさと  作曲 大村能章
昭和10年
1 七ッ八ッから 容貌(きりょう)よし 
  十九二十(はたち)で 帯とけて
  解けて結んだ 恋衣 
  お駒才三の はずかしさ

 
2 初の島田に 謎かけて
  いつか因果な 罪の淵
  うらみまするぞ 母(はは)様と
  涙気になる 黄八丈

 
3 恋と義理との 諸手綱(もろたづな) 
  ひかれて渡る 涙橋
  風にすねたか 黄八丈
  袖にくずれる 薄化粧

アクセスカウンター
ODY>