幌 馬 車 の 唄

作詩 山田としお  作曲 原野為二
昭和7年
1 夕べに遠く 木(こ)の葉散る
  並木の道を ほろぼろと
  君が幌馬車 見送りし
  去年(こぞ)の別離(わかれ)が とこしえよ
 
 (長い間奏)


2 想い出多き 丘の上(え)で
  遙けき国の 空眺め
  夢と煙れる 一(ひ)と年(とせ)の
  心無き日に 涙湧く


3 轍(わだち)の音も 懐かしく
  並木の道を ほろぼろと
  馬の嘶(いなな)き 木魂(こだま)して
  遙か彼方に 消えて行く


index

アクセスカウンター