急 げ 幌 馬 車

作詩 島田芳文  作曲 江口夜詩
昭和9年
1.日暮れ悲しや 荒野は遥か   
  急げ幌馬車 鈴の音(ね)だより   
  どうせ気まぐれ さすらい者よ   
  山は黄昏 旅の空


2.別れともなく 別れて来たが   
  心とぼしや 涙がにじむ   
  野越え山越え どこまで続く   
  印(しるす)轍(わだち)も 片あかり


3.黒馬(あお)は嘶(いなな)く 吹雪は荒れる
  さぞや寒かろ 北山おろし
  なくな嘆くな いとしの駒よ
  なけば涙も なおいとし


index


 
アクセスカウンター