キ ャ ン プ 小 唄

作詩 島田芳文  作曲 古賀政男
昭和6年
1 山の朝霧 茜の雲が
  そっとなびいて 東雲(しののめ)千里
  鳴くは裾野の 放し駒
  キャンプキャンプで 一日明けた
  明けりゃ朝餉(あさげ)の 舌鼓(したづつみ)


2 空に一刷毛 眉引く雲を
  呼べば答える 山彦木魂
  お花畑は 花ざかり
  キャンプキャンプで 山中(やまなか)暮らし
  胸は溌剌(はつらつ) 気は朗ら


3 ロック・クライミング 高嶺の花を
  たずね尋ねて ピッケルたより
  刻むスパイク 峰伝い
  キャンプキャンプで 深山(みやま)で暮れりゃ
  山の神秘も 身に沁みる


4 赤い夕日が 端山(はやま)に沈みゃ
  ファイア囲んで 話しが弾む
  テント覗くは 嶺の月
  キャンプキャンプで ごろりと寝てりゃ
  夢にすずらん 香がかおる

index
 
アクセスカウンター