背景画像 http://www.suisai.net/

釧路の駅でさようなら

作詞 吉川静夫  作曲 豊田一雄
昭和33年 
1 いつも貴女が つけていた
  口紅いろの 赤い灯が
  挽歌の街に 滲む頃
  霧笛の音も 泣くような
  釧路の駅で さようなら
  あぁ さようなら

2 なみださしぐみ 振り返る
  アカシア並木 花がちる
  いつまた逢える 君なのか
  手と手をかたく 握りしめ
  釧路の駅で さようなら
  あぁ さようなら

3 さらば無事でと 身を寄せる
  二人をはなす 夜の汽車
  いのちの炎 燃やしつつ
  海ある町よ さいはての
  釧路の駅で さようなら
  あぁ さようなら


index
アクセスカウンター
カラコン激安